社会福祉士


社会福祉士という職業に興味を持っている方も多いと思います。


社会福祉士は
介護・福祉関連の資格において最も難しい資格としてしられています。


この社会福祉士の資格取得・資格試験についての
基本的な情報を少し説明しておくと、


まず、年に一回行われている
社会福祉士国家試験に合格することが必要なのであるが、

この国家試験を受験するためには
一定の条件が必要であることが知られている。


この一定の条件には
大学や短期大学・社会福祉士養成施設において
必要となる基礎科目を履修していることが必要であり、

試験に合格できる能力だけでなく
技能が必要であるということが大きな特徴といえます。


ただ、中には通信教育で
社会福祉士の資格を取得することができる学校などもあり、

自分にあった方法を選ぶことができます。


近年、法改正によって
この社会福祉士が施設においての人員配置基準の対称となったことにより

需要が急激に伸びている資格としても
社会福祉士は知られています。


もし、介護・福祉関連で仕事をしたいと考えている方は
是非、社会福祉士という資格を検討してみてください。


介護・福祉系で
もっとも難しい資格として知られていますが
やってみる価値はあると思いますよ。

このページのトップへ
CO2排出が抑えられる