資格試験の難易度


資格試験の難易度について述べてみます。


資格試験と言っても、国家資格から民間まで、
実に沢山の資格がありますが、国家資格について説明しますね。


まず、難易度が高い国家資格から。

難しい分、希少価値もあり、
独立や高収入を目指す方におすすめの資格です。


法務系の資格が多いです。

・公認会計士

・司法書士

・建築士 (1級は難易度「高」。2級以下は「中」)

などです。


次に、難易度中の国家資格。

実用性、需要もきわめて高く、
超難関ではないこれらのスキルは、
検討する価値が高いものばかりです。

今から本格的に勉強をしようと思っている方におすすめです。


・中小企業診断士

・社会保険労務士

・ファイナンシャルプランナー

・宅建主任者

・旅行業務取扱管理者

・通関士

・気象予報士

などです。


最後に、国家資格の中でも合格しやすい、難易度低の国家資格。


受かりやすく、
世の中のニーズの高いものをピックアップしてみました。


試験がマークシート形式のものも多く、
暗記が苦手な方でもリャレンジしやすいのもポイントです。

・行政書士

・危険物取扱者

・調理師

・管理栄養士

・消防整備士

・介護福祉士

などです。


調理師や管理栄養士などは、
食品関係で働きたいと思っている方にはまさにお手軽な資格ですね。


このように、国家資格の難易度は様々です。

このページのトップへ
CO2排出が抑えられる