ホームヘルパー


高齢化が急速に進んでいる現在、
介護問題はとても深刻になり、
今後の我が国の重要な課題にもなっています。


ホームヘルパーは数が追いついておらず
介護待ちの高齢者が増加しているのが現状の様です。


ホームヘルパーは力仕事ですし、過酷でとても大変な仕事です。


しかし裏を返せば、引く手数多であり、
とてもやりがいのある重要な仕事といえます。


そんなホームヘルパーを目指す方のために、

どのように資格を取ればよいのでしょうか。


ホームヘルパーになるには、
ホームヘルパー養成研修を受講しなければなりません。


ホームヘルパー養成研修は、
修了すると「修了証書」が発行されます。


2級修了を職員募集の条件としている会社が多いようです。


しかしながら実際のホームヘルパーの種類には、
1級から3級の3つの過程があります。


この3つの研修をきちんと受けるだけで
誰でも「修了証書」をもらうことが出来るのです。


また、ほかの福祉系・医療系の資格とは少し違うところがあります。


それは、ホームヘルパーは免許制ではないので、
資格試験というものは存在しないということです。


また、養成研修は
ホームヘルパーの仕事につくための絶対条件というわけでもありません。


ただし、絶対条件ではないとはいえ、
介護保険の適用を受けるケースの場合は別です。


介護保険の適用を受ける場合のサービスを行うには、
養成研修の修了者である必要があります。

このページのトップへ
CO2排出が抑えられる