食品衛生責任者


飲食店や喫茶店の経営をしようと考えたときに
必要になるものに、
食品衛生責任者の資格取得・資格試験がまずあげられます


これは法律で調理営業を行う場合には、

営業施設ごとに
食品衛生責任者を置かなければならないと
法律で定められていることにあります。


食品衛生責任者がいることによって
食品衛生上の危害の発生を未然に防止できるようになっています。


この食品衛生責任者お資格取得・資格試験の方法としては、

各地方自治体で決められた
食品衛生責任者養成講習を受講することによって
この食品衛生責任者の資格取得が可能となります。


概要を説明すると、
衛生法規に関する講義2時間・公衆衛生学1時間・食品衛生学3時間を
受講し、その後のテストに合格する必要があり、

テスト自体は比較的他の資格に比べて簡単であるとされています。


食品を扱うということに関しては
この食品衛生責任者が必須になりますので
必ず計画にいれておいてください。


上記の事からも食品衛生責任者は
安全面・営業面からも避けては通れない資格取得・資格試験だといえます。


もし、飲食店や喫茶店をはじめようと考えている方は
まずこの食品衛生責任者という資格をチェックしておいてください。

このページのトップへ
CO2排出が抑えられる