衛生管理者


仕事を行う上で
労働条件や衛生面の改善・疾病予防措置のために
衛生管理者と呼ばれる資格が注目されています。


この衛生管理者という資格は
一定以上の事業所において義務付けれるようになっており
需要が非常に高くなっています。


この衛生管理者資格取得・資格試験については少し説明すると、


上記のように選任が義務付けられている場所では
医師や労働衛生コンサルタント、衛生管理者免許を
もっているものが必要とされており、


その中でも衛生工学管理者の資格取得をするためには、

大学や高校において一定の課程を修了していることが必要であり、
その後厚生労働大臣の定める講習をおえ、
試験に合格することによって取得することができます。


他にも第一種と第二種と区別されており、
これらは厚生労働大臣の指定する指定試験機関の行う試験に
合格することによって衛生管理者の資格取得することができます。


ある程度の事業場であれば、
この衛生管理者資格は必須になるので、
就職に間違いなく有利になる資格だといわれているので、


もし資格取得を検討しているというかたは
衛生管理者試験の受験を検討してみてはいかがでしょうか。

このページのトップへ
CO2排出が抑えられる